株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > IRポリシー

IRポリシー

基本コンセプト

当社は、フェア(公正なIR活動)、アクティブ(積極的なIR活動)、クイック(タイミングよく適切なIR活動)を基本コンセプトに、IR活動を行っております。

情報開示の内容

月次情報、決算情報(四半期、中間、本決算)のほか、開示すべき重要な事実について開示しております。

情報開示の方法

東京証券取引所のTDnet(適時開示情報伝達システム)への登録、記者クラブ等を通じたプレスリリースの発表、株主の方に向けた事業報告書の送付、およびこれらの情報のホームページでの開示を行っております。また機関投資家やアナリストに向けた説明会や個別ミーティング、海外ロードショウを開催しております。

未公開の重要事実に関して

当社が印刷物、ホームページ、取材、ミーティング等で公開する情報は、既に公開された情報、周知となった事実もしくは一般的なビジネス環境等に限ります。未公開の重要事実については、一切言及いたしません。

見通しについて

当社が開示する情報には、将来の見通しに関する情報が含まれていることがありますが、経済情勢や市況環境の変化によって、当社の実際の事業内容や業績から 大きくかい離してしまう可能性があります。当社の業績や競争力、企業価値などをご検討される際には、こうした将来の見通しに関する情報に全面的に依拠することは避けていただきますようお願いします。

IR自粛期間の設定

四半期、中間期、通期の各決算発表の直前3週間を、IR自粛期間とさせていただきます。この期間は決算内容に関してのコメントを控えさせていただきます。

会社情報の適時開示に係る社内体制の状況について

ページのトップへ戻る