株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 財務・業績情報 > 月次売上高速報

月次売上高情報

1月度

当月上旬は、気温が高くなりましたが、中旬は平年を下回る低気温となり、日本海側を中心に記録的な大雪となる地域もありました。下旬は再び気温が上昇して、寒暖差が大きい1ヵ月となりました。
価格優位性を発揮した「生活必需品」に対する力強いニーズが全体の販売を牽引して、1年の好スタートを切ることができました。中旬における気温低下が、家電製品や衣料品を始めとした「季節商品」の需要を喚起しました。インバウンド消費は、1月27日より始まった春節休暇が後押しして、活況となりました。人気商品の提案を強化したことから、免税売上高は、2ケタ増収となりました。
商品部門別の販売動向については、「家電製品」部門は、シェーバーなどの理美容家電が同部門の貢献役となりました。さらに、温水便座などの生活家電や炊飯器などの調理家電の伸びが高くなりました。「日用雑貨品」部門は、洗剤などの定番商品に加えて、カイロやマスクなどの冬物消耗品が好調となりました。また、感冒薬などの医薬品や保湿用品などの化粧品は、国内外両方の支持率が高まりました。「食品」部門は、チョコレートやグミなどの菓子類が伸長しました。牛乳や卵などの日配品及びカップ麺などの加工食品がそれぞれ好調となりました。「時計・ファッション用品」部門は、カジュアルウェアが急伸した他、リュックなどのカバン類やシューズ類が堅調に実績を積上げました。「スポーツ・レジャー用品」部門は、ぬいぐるみなどの玩具類が貢献しました。
2月度における新規出店は、17日(金)に「ドン・キホーテ神保町靖国通り店(東京都千代田区)」をオープンします。

2017年6月期(下半期)

(前年同月比 単位:%)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
全店 売上高 112.2           111.6
店舗数 281           281店
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
既存店 売上高 102.6           102.2
客数 102.7           101.5
客単価 99.9           100.7
対象店舗数 244店           244店

2017年6月期(上半期)

(前年同月比 単位:%)

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 半期計
全店 売上高 112.8 108.2 113.1 111.6 111.6 112.1 111.5
店舗数 275 277 277 278 280 281 281店
既存店 売上高 103.7 99.6 102.6 102.2 102.2 102.6 102.1
客数 101.9 98.9 101.2 100.7 101.6 102.5 101.2
客単価 101.8 100.7 101.3 101.5 100.6 100.2 100.9
対象店舗数 236店 239店 236店 238店 239店 240店 240店

2016年6月期(下半期)

(前年同月比 単位:%)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
全店 売上高 115.5 115.7 109.2 114.8 110.5 110.6 112.4 113.0
店舗数 249 249 253 262 263 270 270店 270店
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
既存店 売上高 105.9 105.8 101.9 105.4 101.3 102.4 103.7 104.5
客数 102.0 102.6 99.2 101.1 98.2 99.9 100.4 100.5
客単価 103.9 103.1 102.8 104.2 103.1 102.5 103.3 103.9
対象店舗数 221店 220店 222店 223店 226店 232店 232店 232店

2016年6月期(上半期)

(前年同月比 単位:%)

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 半期計
全店 売上高 118.5 117.3 114.3 117.8 111.1 110.8 113.9
店舗数 245 245 245 246 247 250 250店
既存店 売上高 108.1 107.3 105.3 106.8 102.4 102.5 105.3
客数 102.0 101.7 99.1 102.8 98.2 100.0 100.7
客単価 106.0 105.5 106.3 103.9 104.3 102.6 104.6
対象店舗数 207店 209店 212店 214店 216店 218店 218店

ページのトップへ戻る