株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 財務・業績情報 > 月次売上高速報

月次売上高情報

12月度

当月は月平均気温が高くなり、晴れ間が多い穏やかな天候となりました。月後半は、周期的に変わる寒気の影響を受けて、風が強くなる日が続き、北日本を中心に記録的な大雪となる地域もありました。
年間で最大繁忙月の当月は、価格優位性が支持された「生活必需品」に対する力強いニーズが、最大の牽引役となりました。クリスマス週は3連休となったことから、玩具類などのギフト需要を喚起しました。さらに、インバウンド消費は、時計などの高単価商品の駆け込み需要があった前年の高いハードルをクリアして、化粧品などの消耗品を中心に、過去最高の免税売上高を記録しました。
商品部門別の販売動向については、「家電製品」部門は、布団乾燥機やサーキュレーターなどの生活家電が伸長した他、ワイヤレスヘッドフォンの人気が高まりました。「日用雑貨品」部門は、歯ブラシなどのオーラルケア用品や保湿用品などの日用消耗品が好調な推移を描きました。さらにインバウンド消費が牽引して、胃腸薬などの医薬品並びにスキンケア用品などの化粧品が高成長を記録しました。「食品」部門は、練物や豆腐などの日配品や菓子類及びカップ麺などの加工食品が堅調に実績を積み上げました。「時計・ファッション用品」部門は、財布などの輸入ブランド及び防寒下着やネックウォーマーなどの服飾小物が堅調となりました。加えて、スニーカーなどのカジュアルシューズが2ケタ増となりました。「スポーツ・レジャー用品」部門は、ぬいぐるみなどのキャラクター雑貨や玩具類が貢献しました。
1月度における新規出店の予定はありません。

2017年6月期(上半期)

(前年同月比 単位:%)

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 半期計
全店 売上高 112.8 108.2 113.1 111.6 111.6 112.1 111.5
店舗数 275 277 277 278 280 281 281店
既存店 売上高 103.7 99.6 102.6 102.2 102.2 102.6 102.1
客数 101.9 98.9 101.2 100.7 101.6 102.5 101.2
客単価 101.8 100.7 101.3 101.5 100.6 100.2 100.9
対象店舗数 236店 239店 236店 238店 239店 240店 240店

2016年6月期(下半期)

(前年同月比 単位:%)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
全店 売上高 115.5 115.7 109.2 114.8 110.5 110.6 112.4 113.0
店舗数 249 249 253 262 263 270 270店 270店
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 半期計 通期
既存店 売上高 105.9 105.8 101.9 105.4 101.3 102.4 103.7 104.5
客数 102.0 102.6 99.2 101.1 98.2 99.9 100.4 100.5
客単価 103.9 103.1 102.8 104.2 103.1 102.5 103.3 103.9
対象店舗数 221店 220店 222店 223店 226店 232店 232店 232店

2016年6月期(上半期)

(前年同月比 単位:%)

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 半期計
全店 売上高 118.5 117.3 114.3 117.8 111.1 110.8 113.9
店舗数 245 245 245 246 247 250 250店
既存店 売上高 108.1 107.3 105.3 106.8 102.4 102.5 105.3
客数 102.0 101.7 99.1 102.8 98.2 100.0 100.7
客単価 106.0 105.5 106.3 103.9 104.3 102.6 104.6
対象店舗数 207店 209店 212店 214店 216店 218店 218店

ページのトップへ戻る