株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 個人投資家の皆さまへ > ドン・キホーテグループの強み

個人投資家の皆さまへ

ドン・キホーテグループの強み

1.「地域一番店」を目指すマーケティング戦略

ドン・キホーテグループは、出店時に綿密な商圏分析を行い、各地域の特性に最適な店舗業態を選択し、出店しています。
また、お客さまに豊富な商品をどこよりも驚きの安さで提供するため、競合店調査や仕入努力を怠りません。このような地道な努力が店舗の競争力を高め、地域一番店というポジションにつながっていきます。

コラム MEGAドン・キホーテ宜野湾店

2.お客さまの日々変化するニーズに迅速に対応できる店舗運営

エリアごとに最適な業態・規模で出店した店舗は、オープン後も日々変化するお客さまのニーズに合わせて、商品構成や店舗レイアウトを細かく調整し、ひとりでも多くのお客さまに満足していただけるよう、改良を続けています。

3.お客さまがワクワク・ドキドキする店舗演出

ドン・キホーテグループの店舗は、手書きPOP(商品紹介カード)や圧縮陳列、店頭の大型水槽や街のランドマークとなる特徴的な外観など、当社グループ独自の店舗演出によってお客さまにショッピング本来の楽しさを堪能していただけるアミューズメント空間が確立されています。こうした店舗演出のオリジナリティは、当社グループの強みであるアミューズメント感あふれる売場づくりを支えています。

4.お客さまの「あったらイイな」をカタチにするPB開発

2009 年10 月、「お客さまの声をカタチに」をコンセプトに誕生したドン・キホーテのPB 商品、それが「情熱価格」です。「情熱価格」は、単なる低価格一辺倒のPBとは一線を画した品質の良さと、ドン・キホーテならではの楽しさや発見といった要素が魅力です。

「情熱価格」について詳しくはこちら

5.お客さまの「あったらイイな」をカタチにするPB開発

ドン・キホーテグループは、取り扱う商品の仕入れから値付け、陳列に至るまでの多くの業務を現場スタッフに任せる「権限委譲」を徹底しています。これにより、優秀な人財が育成される仕組みが全店舗において実践されており、当社グループの魅力的な店舗づくりを可能にする重要な基盤となっています。

6.お客さまのリクエストを素早く店舗運営に反映させる仕組み

「この商品は置いていないの?」「あのコーナーはもっとこうして欲しい!」というようなお客さまから寄せられるお言葉(リクエスト)は、より良い店舗にするための金言です。
そのため、接客中はもちろん、電話やハガキを通じて寄せられるリクエストを真摯に受け止め、店舗運営に反映させています。また、各種ソーシャル・ネットワーキング・サービスを通じて、お客さまとの双方向コミュニケーションの拡充に取り組んでいます。
各媒体を通じて店舗に寄せられるお客さまからの貴重なリクエストを無駄にすることなく即座に改善し、お客さまに喜んでいただける、魅力あふれる店舗づくりに役立てています。

ページのトップへ戻る