株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 重点戦略

重点戦略

創業以来、ドン・キホーテグループは「堅守速攻(けんしゅそっこう:城・陣などを敵から堅く守り、相手に隙を与えず機敏に攻撃すること)」に徹することで、不況やデフレ環境下にあっても柔軟な変化対応力を発揮し、逆境をチャンスに変えて安定的な成長を継続してきました。当社グループは今後もさらなる安定成長を目指すべく、重点戦略として、

 1.連続増収増益の記録更新
 2.プライベートブランド(PB)強化による利益率の向上
 3.ソリューション出店の推進

の3点に注力してまいります。

1.連続増収増益

当社は、1989年の1号店開店以来、27期もの間、一度も途切れることなく連続増収営業増益を達成しており、3,500社を超える国内上場企業の中で、第2位に位置しています。当社がこうした偉業を達成できたのは、お客さまのご支持の賜物であり、「顧客最優先主義」に基づくスタッフの日々の努力の結果であるといえます。当社グループは、これからもお客さま満足の最大化を追求し、たゆまぬ努力を続けることで安定的かつ継続的な成長を目指してまいります。

2.PB強化による営業利益率の向上

ドン ・ キホーテのPB「情熱価格」は、“お客さまの声をカタチに”をコンセプトに2009年10月に誕生しました。「情熱価格」に対するお客さまからの支持率も、期を重ねるごとに高まってきています。現在、当社グループの売上高全体の約90%は仕入商品によって構成されており、オリジナル商品の構成比率は11.1%になっています。利益率が高いオリジナル商品の拡充に成長の余地を残しつつ、独自の店舗演出や巧みな商品編集力によって、営業利益率5.7%という高い水準を達成しています。今後は、PBの強化を進めることでより一層の利益率向上を実現し、営業利益のさらなる拡大を図ってまいります。

3.「 ソリューション出店」の推進

「ソリューション出店」とは、当社グループ店舗の集客力を魅力に感じたショッピングセンター(SC)などの複合商業施設からの要請に応えて比較的安価にテナント出店する「施設再生型」の出店形態です。ソリューション出店は、約3,000m²クラスの居抜きの空きテナントに出店するため、迅速かつローコストの店舗開設が可能となります。今後は、ソリューション出店を早期に軌道に乗せることでSCの再生、ひいては地域や都市の再生にも寄与できる、新たな成長戦略を実現してまいります。

ページのトップへ戻る