株主・投資家情報

HOME > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 大原孝治 トップメッセージ

大原 孝治 トップメッセージ

代表取締役社長 兼 CEO 大原 孝治

ドン・キホーテ1号店が、東京・府中市に開業したのは1989年3月のことです。以来、当社は28期連続となる増収増益を重ねてまいりました。ただし、これまでの道のりは、決して順風満帆だったわけではありません。むしろその歩みは試行錯誤の連続であり、まさに波乱万丈の中を駆け抜けてきた、と表現した方が実態に近いのではないでしょうか。

換言すれば当社は、この四半世紀の激動時代の中、小売業が本来あるべき「変化対応業」というものを、愚直かつ独自に突き詰めてきたからこそ、勝ち残ることができたということです。

言うまでもなく、そうした変化の主体は、常に移ろうお客さまのニーズと要望そのものにほかなりません。それが顕在化しているのならもちろんのこと、潜在化しているのであれば、どこよりも早くそれをキャッチして顕在化させ、その結果としてお客さまに本当の満足を提供すること。このエンドレスでひた向きな努力と挑戦にこそ、「変化対応業」の本質があると当社は考えています。

お陰さまで当社は、日本国内・米国に、計368 店(2017年6月30日現在)もの店舗網を有する、流通企業グループに成長しました。しかしゴールへの道はまだ半ばにも到達していません。世界に向け本格的に踏み出していくのはまさにこれからです。

今後とも、企業原理である「顧客最優先主義」の忠実な実践者として、真の「変化対応業」としての強さと魅力、楽しさを、国内外に広く発信していく所存です。

2017年 8月


ページのトップへ戻る