企業の社会的責任

HOME > 企業の社会的責任 > 地域社会とともに > 地域社会との取り組み

地域社会との取り組み

ドン・キホーテグループのCSR活動の多くは、店舗が主体となって、地域の町内会や商店街、警察署や消防署などと協力し、店舗ごとに取り組んでいるものです。お客さまにワクワク・ドキドキしていただけるお買物空間を提供しつづけること——この使命を全うし、当社グループならではの強みを活かした活動を通じて、豊かな社会の実現のために力を注いでいきます。

目黒川お花見会を開催

2010年以来、毎年恒例の「目黒川お花見会」を、2016年も開催しました。3月末から4月初めにかけての11日間で、地域の老人ホームや児童福祉施設の皆さまなど、合計約4,000名をお迎えし、桟敷席で桜をご堪能いただきました。

目黒川お花見会の様子

渋谷ハロウィンのゴミ問題・更衣室不足。その時ドン・キホーテはどう動いたか?

Part 1ゴミ問題

年々、ハロウィン人気が高まる一方で、東京都心エリアを中心にハロウィン時期の公道へのゴミの散乱が社会問題となっています。
ドン・キホーテ渋谷店及び近隣の期間限定店舗では、2015年のハロウィンの時期に、本社従業員も加わった清掃チームを結成し、毎日、清掃活動を実施しました。街の楽しい雰囲気を壊さないよう、趣向を凝らしたコスチュームに身を包んだ従業員がゴミを集める姿は、SNSでも話題になりました。また、11月1日早朝には、ボランティア団体主催の大規模なクリーンアップ活動にも参加しました。

ハロウィンのゴミ問題
ハロウィンのゴミ問題
ハロウィンのゴミ問題

マナー向上を呼びかける啓発ポスターを店頭に掲示

Part 2更衣室不足
ハロウィンのゴミ問題

近年のハロウィン時期は、仮装をするために駅や商業施設のトイレを占拠する人や、路上で着替える人が続出し、一般のお客さまのご迷惑となっていました。そこで2015年は渋谷店近隣の期間限定店舗に更衣室を用意するとともに、近隣のカラオケルーム2店舗に28部屋を用意し、ご購入いただいたコスチュームの着替え場所としてご利用いただきました。また、渋谷区が共催する「ハロウィンごみゼロ大作戦in渋谷」に協賛し、神宮通公園内の更衣室設置に協力しました。

DIY(ものづくり)の楽しみを伝播

ドン・キホーテグループのホームセンタードイトは、ものづくりの楽しみを広めるべく、従業員が講師を務め店舗や地域の交流センターで木工作教室を開催しました。また2015年12月に開店した体験型DIYリフォームショールーム「ドイト ウィズ リ・ホーム新宿下落合店」では、ほぼ毎日DIYワークショップを開催し、地域の方々にご参加いただいています。

DIYの様子1

上戸田地域交流センターで木工作教室を開催。初心者の方にもスパイスラックづくりをお楽しみいただきました。

DIYの様子2

ペンキの塗り方や壁紙の貼り方、木製ワゴンの作り方など、生活に密着したテーマでDIYワークショップを開催(ドイト ウィズ リ・ホーム新宿下落合店)

DIYの様子2

50種類以上の工具が自由に使えるDIY作業場をご用意(ドイト ウィズ リ・ホーム新宿下落合店)

店頭イベントを企画・開催し、地域活性化に貢献

店舗施設を利用したイベントを企画・開催し、地域の皆さまにお楽しみいただける場を積極的に提供しています。例えば、都内近郊店舗で定期的に開催している「猿回し」は、お子さまやご家族連れの笑顔があふれるイベントになっています。当社ならではの楽しさの提供を通じ、地域の活性化に寄与していきます。

店頭イベント
店頭イベント

地域の防災・防犯活動への取り組み

地域の防災活動や万引き防止キャンペーンなどの防犯活動にも積極的に参加しています。
例えば、大阪府の守口警察署で実施された自転車乗車時のヘルメットの装着を呼びかけるキャンペーンでは、「親しみのあるポスターを」と、当社のPOPライターに白羽の矢が立ち、手書きPOPで協力させていただきました。
また2016年2月に東京・秋葉原で開催された「帰宅困難者対策訓練」にドン・キホーテ秋葉原店の責任者と施設管理者が参加し、災害時の対応を訓練しました。

防災・防犯活動
防災・防犯活動

ページのトップへ戻る