企業の社会的責任

HOME > 企業の社会的責任 > 環境への取り組み

環境への取り組み

ドン・キホーテグループは持続可能な社会の実現のため、環境に配慮した事業活動を推進しています。店舗空調設備の自動制御システムや店内照明にLEDを導入することによるCO2削減、厨房・トイレに節水器の導入、納品用ダンボールの100%リサイクル、リユースパソコンの積極活用などの環境負荷軽減の取り組みのほか、小売業のリソースを活かした啓発活動に積極的に参加しています。

環境への取り組みイメージ

省エネへの取り組み

ドン・キホーテグループ店舗は、空調設備を効率よく運転させ常に適正な温度を自動的に維持できる「最新省エネ機器」の導入や、CO2排出量が少ない電力会社への切り替えにより、CO2排出量の削減に取り組んでいます。
また、2016年7月から2017年6月までの1年間の納品用ダンボールの100%リサイクル量は、40,110,880kgになりました。

過去4年間のエネルギーの使用に係る原単位の対前年比(%)
2013年 2014年 2015年 2016年 過去4年間
平均原単位変化
(株)ドン・キホーテ 93.1 97.8 98.3 101.0 97.5
(株)長崎屋 97.8 73.6 99.7 99.8 92.7
ドイト(株) 86.3 75.2 85.9 82.9 82.5
空調室外機に省エネ機器を設置することにより、空調機を最適な運転に遠隔制御

空調室外機に省エネ機器を設置することにより、空調機を最適な運転に遠隔制御

訪日客へ向けた熱中症予防の声かけ

官民一体で国民や訪日客に熱中症予防を呼びかける「熱中症予防声かけプロジェクト〜ひと涼みしよう〜」に2015年から参加しています。2017年は熱中症を予防するための4つの声かけを印刷した夏季限定青色レジ袋を全国の店舗で計700万枚配布し、お客さまに広く呼びかけました。また、英語・中国語・韓国語・タイ語の4カ国語に対応した啓発ポスターの掲示や、店内モニター・店外大型ビジョン・ホームページで同4カ国語対応の啓発動画を放映し、熱中症にあまり馴染みのない訪日客への注意喚起を行いました。

省エネへの取り組み
啓発ポスター/夏季限定青色レジ袋

啓発ポスター 夏季限定青色レジ袋

ページのトップへ戻る