企業情報

HOME > 企業情報 > 会社沿革 - 株式会社ドンキホーテホールディングス

会社沿革 - 株式会社ドンキホーテホールディングス

1980年代

1980年 9月 日用雑貨品などの卸売販売及び小売販売を目的として、株式会社ジャスト(現・株式会社ドンキホーテホールディングス)を東京都杉並区桃井4-4-19に資本金3百万円で設立
1989年 3月 消費者に良い品をより安く販売するため、東京都府中市に「ドン・キホーテ」1号店となる府中店を開設し、主たる事業形態を卸売業から小売業へ変更

1990年代

1996年 12月 株式店頭登録
1998年 6月 東京証券取引所市場第二部に上場

2000年代

2000年 7月 東京証券取引所市場第一部銘柄へ指定変更
2001年 11月 テナント賃貸事業を営むことを目的として、株式会社パウ・クリエーション(現・日本商業施設株式会社)を設立
2004年 9月 不動産事業を営むことを目的として株式会社ディワンを設立
2005年 1月 モバイル・ウェブ・ファイナンス・マーケティング事業を営むことを目的として株式会社ドンキコム(現・株式会社リアリット) を設立
2006年 2月 米国ハワイ州での店舗運営を目的としてDon Quijote (USA) Co., Ltd.を連結子会社化
2007年 1月 DIY事業を営むドイト株式会社を連結子会社化
10月 総合スーパー事業を営む株式会社長崎屋を連結子会社化
2008年 10月 ディスカウントストア事業を営むビッグワン株式会社を連結子会社化
2009年 7月 ビッグワン株式会社を吸収合併
9月 本店を東京都目黒区青葉台2-19-10に移転
10月 プライベートブランド「情熱価格」の販売を開始

2010年代

 
2011年 1月 金融サービス事業を営む株式会社フィデック(現・アクリーティブ株式会社)を連結子会社化
2012年 7月 当社グループにおけるバックオフィス業務を集約する株式会社ドン・キホーテシェアードサービスを設立
2013年 4月 ソーシャルコンテンツプロバイダの株式会社ジアース(現・日本アセットマーケティング株式会社)を連結子会社化
7月 海外事業持株会社として、シンガポール共和国にPan Pacific International Holdings Pte. Ltd.を設立
9月 北米及びハワイ州での店舗運営を目的として、MARUKAI CORPORATIONを連結子会社化
12月 商号を株式会社ドンキホーテホールディングスに変更し、純粋持株会社体制に移行
2014年 3月 自社発行型電子マネー『majica(マジカ)』サービス開始
2015年 5月 ドン・キホーテ豊中店開設により、当社グループ店舗数300店舗達成
7月 国内における事業の強化を目的として、中間持株会社である株式会社ドンキホーテホールディングス・リテール・マネジメントを設立
2016年 9月 監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行
2017年 1月 アクリーティブ株式会社の株式を一部売却したことにより、同社を持分法適用関連会社とする
8月 ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社との資本・業務提携に関する契約書の締結
9月 米国ハワイ州において24店舗のスーパーマーケットを展開する、QSI,Inc.の全株式を取得し子会社化
11月 ユニー株式会社株式を一部取得したことにより、同社を持分法適用関連会社とする
MEGAドン・キホーテ京都山科店及び同クラスポ蒲郡店開設により、当社グループ店舗数400店舗達成
2018年 4月 株式会社ドンキホーテホールディングス・リテール・マネジメントを吸収合併
  • ドン・キホーテ渋谷店 1999年12月
  • ピカソ伊勢佐木店 2001年6月
  • パウかわさき店 2002年4月
  • ドン・キホーテ道頓堀店 2005年3月
  • ドン・キホーテUSA 2006年2月
  • ドイト(DOIT)
  • 長崎屋
  • マルカイ
  • QSI

グループ企業

ページのトップへ戻る